家族性腫瘍外来
家族性腫瘍外来について
当院では遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)の遺伝カウンセリングと遺伝子検査を家族性腫瘍外来にて行っています。
遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC) について
HBOCは、遺伝が原因で発症する乳がんおよび卵巣がんのことで、乳がんや卵巣がん全体のうち約10%を占めると言われております。BRCA1もしくはBRCA2という遺伝子のどちらかに、乳がんや卵巣がんの発症に関与する変化(病的変異) が生まれつきあると、乳がんや卵巣がんなどになりやすいことが分かっています。
HBOCの可能性をチェック
以下の項目にひとつでも当てはまれば、HBOCである可能性は一般よりも高いと考えられます 。
  • 40歳未満で乳がんを発症
  • 家系内に何人にも乳がんや卵巣がんにかかった人がいる
  • 両方の乳房に乳がんを発症、または片側の乳房に複数回乳房がんを発症
  • 卵巣がんも乳がんも発症
  • 父親や兄弟に男性乳がんにかかった人がいる
  • 家系内にすい臓がんや前立腺がんになった人がいる
  • トリプルネガティブ乳がんを発症
HBOCの診断について
HBOCの診断をするためには、原因となるBRCA1/2遺伝子に変異があるかどうかを調べます。

もしBRCA1/2遺伝子に変異がある場合は乳癌だけではなく卵巣癌や対側乳房に新たに癌を発症する可能性が高くなります。
またBRCA1/2遺伝子の変異は半分の確率でお子さんに遺伝します。
詳しくはこちら
http://hboc.jp/をご参照ください。

遺伝子検査には血液を使用します。
受けていただく前に詳しい説明やカウンセリグを行います。
外来で遺伝性乳がん卵巣の可能性がある方には主治医より検査のご提案をさせていただきますが、検査について詳しくお話を聞きたい方は医師、看護師にお声掛けください。
患者さんを紹介してくださる先生方へ
当院では他院からの遺伝子検査のご依頼をお受けしております。
紹介状と一緒に患者さんの家系情報が必要となります。
詳しくはこちらHBOCの診断についてをご参照ださい。
HBOCに関する問い合わせ先
詳しくはがん相談支援センターまでご連絡ください。
埼玉医科大学国際医療センター がん相談支援センター
TEL:042 -984 -4329(平日 9:00~17:00)
HBOCコンソーシアムの全国登録事業について
当院では、遺伝性乳がん卵巣の診断のために、特定非営利活動法人日本 HBOCコンソーシアムが実施するBRCA 1/2遺伝子検査を受けた方を対象として、データの収集を行う登録事業に参加協力することといたしました。
詳しくはこちらHBOCの診断についてをご参照ださい。